こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

昨日からアドラー心理学について書いています。
今日は「自己受容」について。

先日、私の所に来られた女性が言いました。
「甥っ子に料理を作ってあげたら、おいしいって言われて泣いちゃったんです。」

私は「ほう」と答えます。
嬉しかったのかな、と。

するとその女性が言うにはどうやら違うようです。
「最低の私が作った料理をおいしいなんて言われることはあり得ない。ショックのあまり泣いちゃったんです。」

皆さん、この心理状態分かります?

彼女の生い立ちは、虐待、DV等のある、機能不全家族と呼ばれるようなご家庭で育ちました。
おそらくは、自分はいけない子、自分はダメな子、いてはいけない子、そういった思いで生きてきたのではないかと思います。

そうして自分の人格を完全に打ち消して、そこで適合できる何らかの役割を演じてきたのです。
そこに本来の彼女はいませんでした。

家庭で認められることなく、自分で自分を受け入れることなく、つまり自己受容とは程遠い完全なる自己否定の世界で生きてきたのです。

そんな彼女が作った料理がおいしいと言われることは、想像もつかない事態だったのです。

また、とある男性は言いました。
「自分が自分のように思えないというのは本当につらいです」

その方は離人症と呼ばれる、自分が自分であるという感覚が持てずに、生きている実感を得られない病を持っていました。

鏡に映る自分を見て誰だこの人は?と思ったり、コンビニ等の防犯カメラに映る自分を見て知らない人のように思えたりして、自分を自分と思えない、生きている感覚が希薄な状態なのです。

そこに自己受容はありません。
なぜなら、その方にとって自分はいないからなのです。

これら二つの例は極端な例でしょうが、自己受容できているかいないかは、人が生きていく上で非常に大きな意味を持ちます。
それらは、自己肯定感、自尊感情と密接に関わるからです。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の方も、自己受容が下手です。
かくあらねばならない、こうあるべき自分が達成できない時、自分自身を否定します。

こんな自分はあってはならない、こんな自分はもう終わりだ、と考えます。
自分を受け入れられないのです。

アドラー心理学の第一人者の岩井俊憲氏は言います。

「あなたは、自分に欠点や気に入らない点があったとしても、自分をイエスと受け入れられますか?
それとも、自分に長所があってもノーと否定しますか?」

これは、勇気づけの心理学であるアドラー心理学で言う所の「勇気」を必要とする場面なのです。
自己受容とは、まさに勇気なのです。

あがり症の回復はここにあります。
あってはならない、受け入れられない自分を否定するのではなく、こんな自分だけれどもと、許し、受け入れることができた時、その時初めて、症状への囚われから解放された自分を感じるに違いありません。

私は、怖れる事態が起こった後で「まぁ、いっか」と思えるようになったことで相当救われました。

私達に必要なことは、自己受容する勇気を持つことなのです。

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 


(クリックお願いします)

 

 


にほんブログ村