こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。


今日は午前中に埼玉県にある、西友サービスという会社を訪問しました。
この会社は特例子会社と呼ばれる障害者雇用に特化した会社で、障害者の従業員数は70人ぐらいでかなりの規模の会社でした。

大手の企業は、企業規模が大きいだけに義務として障害者をたくさん雇用しなければならないのですが、関連会社などで個々に数人ぐらいの雇用をしていてももとても足りません。

そこで特例子会社というグループ会社、例えばみずほ銀行ならみずほ銀行の特例子会社、東京電力なら東京電力の特例子会社を立ち上げて、そこで障害者の方を何十人と雇って、グループとして障害者の雇用率を上げるというのが、この制度の大まかな趣旨です。

それで、今日訪問した西友サービスですが、私は色々な特例子会社を見てきましたが、見た感想を一言。
この会社はとりわけ素晴らしい。

特例子会社の中では古株ですが、バリアフリーの先駆者としてのしっかりとした設備、従業員の教育とスキルアップを含めた雇用管理、モチベーションを上げるシステム作り、等々どれをとってもピカイチでした。

特に驚いたのが、手先の器用さのある知的障害者の方が、店舗でなんと、魚をさばいたり、刺身を切ったりしているのです。
わお!あり得ない!

これまでの障害者雇用は、障害者でもできる仕事をといった視点で、単純作業や肉体系の仕事、雑務等の仕事が多かったのですが、ここではなんと手に職をという視点でやっているのです。

万が一、この会社を辞めることになってもここでの実績があれば、それこそ一般就労で魚を取り扱う会社に就職できるかもしれません。

ただ、従業員のほとんどが知的障害者と身体障害者でしたので、今後は精神障害者をどのように雇用していくかが課題でしょう。

なんせ、平成30年から精神障害者の雇用義務化が法的に決まっていますので、今後は精神障害者の方々が障害者雇用の主役となっていくのですから。

そして午後もまた、別の都心にある外資系企業の特例子会社にを訪問しました。
私の担当の方が2次面接を通って、就職直前の職場実習の初日だったのです。

そして会社の場所ですが驚きでした。
国会議事堂駅を降りて、国会やら内閣府やらある辺りに出て、なんと総理官邸の脇を通ります。

警備の警官が一定の距離で配置されていました。
私は基本的に田舎者ですので、その脇を通り過ぎながら安部総理がいるんじゃないかとキョロキョロ怪しげに官邸の中を覗き込もうとします。

たまたま門が空いたのでここぞとばかりに中を見ようとして益々挙動不審だったにちがいありません。
職務質問を受けなくて良かったです。

そして、総理官邸の道路を挟んで向かいのビルに着きました。
そしてこの特例子会社もまたちょっと驚き。

外資系ということもあってか、働き方が柔軟。
フレックス制で、13~15時のコアタイムと呼ばれる時間さえきっちり出てもらえば、極端な話大丈夫とのこと。

今回実習を受けている私の担当の方が精神障害者ということもあってか、とにかく会社側としては無理しないでほしいとの再三のお話。
勤務時間や出勤日は体調に合わせてやってもらえればとのことで、負担に対する配慮がかなりある。

ある意味、精神障害者にとっては非常に働きやすい会社だなぁと思いました。

その後、事務所に戻り、二人の方と面談。
そして連絡調整や雑務を行って一日の仕事を終えました。

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 


(クリックお願いします)

 

 


にほんブログ村