こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

障害者雇用率というものがあります。

現在、従業員100名以上の企業は、従業員総数2%の割合で障害者を雇用しなければなりません。

2%ということは、例えば従業員100人の会社は二人の障害者を雇用しなければならないということです。
平成26年は日本の全企業を平均すると1.82%の雇用率でした。

そして、この雇用率ですが、対象は身体障害者と知的障害者のみとなっているのが現状です。
つまり精神障害者は対象外なのです。

それが平成30年には精神障害者も対象となり、雇用率もおそらく2.3%以上になるのではないかと言われています。

また、ハローワークでの精神障害者の求職者数も飛躍的に増えています。
企業もこの状況に備えて精神障害者の受け入れ体制を進めてきています。

これまで障害者雇用の脇役だった精神障害者の方々が、一気に主役になるような勢いになっているのです。

これには様々な理由が考えられると思いますが、一つには精神障害者への理解が進み、法的制度的枠組みが整ってきたこと。

また、ダイバーシティと呼ばれるような、様々な人々の様々な働き方が、今の時代に求められていること。

そして精神医療や心理療法の進歩により、実際に精神障害者の方々が活躍できる実証が示されていること、等が挙げられるのではないかと思います。

日本の精神科医療は他の先進国に比べ遅れていると言われています。
また、それこそ20世紀後半というつい最近まで、精神障害者の人権が侵害されるような状況や事件は数多くありました。

そして今、時代の風が精神障害者に吹いています。

数多くの人が生涯の間に何らかの精神疾患にかかる、あるいは状態になると言われています。

精神障害者の方々が当たり前に働き、誰しもが風邪にでもかかるように精神科を受け、まるで整体か占いにでも行くかのように気楽にカウンセリングを受ける。

そんな時代になるといいですね。

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 


にほんブログ村