こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

今日、私が以前話し方教室に通っていた時の友人からメールをもらいました。
その友人と会ったのはたしか3年前の正月明けすぐです。

新年を迎え、一念発起して彼は話し方教室に初参加しました。
その時の彼の様子は今でも覚えています。

前に出て話し始めた彼は手をバタバタさせて、体は挙動不審のように揺れて、言葉も「あの~」「その~」などと明らかに相当に緊張しているように見えました。これは、なかなかだなぁと思った記憶があります。

やがて、彼も私も話し方教室を去りましたが現在でも時折会っています。

その彼からのメールがついさっき届きました。
以下、差し障りない範囲で一部抜粋します。

「お陰さまで、、1時間半☓3コマ6時間の研修終わりました。ヘトヘトです。
相手に伝わるかに必死で、あがりはなかったです。・・・」


彼は、中小企業診断士や税理士等々、多彩な仕事をしている人です。
その彼が、一部上場企業の若手リーダー育成講座の講師役をして来たというのです。
手をバタバタさせていた、あの彼が、です。

もともと多彩な能力を持っている方だったのだと思います。
しかし、あがり症という病が彼の才能に蓋をしていたのでしょう。

その蓋を外したのは、彼の一貫した意志でした。
あれほどまでに人前で緊張していた彼は、会った頃から既に、人前で講師役などをすることを想定したうえで訓練していました。

私は、彼のあがり症克服ヒストリーを間近で見届けました。
それを支えたのは彼のブレない意志であり目標だったのだと思います。

あがり症という制約が外れた今、彼は水を得た魚のように活動しまくっています。

そして今日彼から貰ったメールに、あがり症克服の本質が一言で書かれています。

「相手に伝わるかに必死で~」

この一言にあがり症克服の全てが詰まっています。
それは、

・自分中心の視点ではなく他人中心の視点であること。
・未来への不安でもなく、過去への囚われでもなく、「今ここ」に集中していること。
・あがらないようにという伝えるための手段を目的とするのではなく、伝えることそのものを目的としていること。

です。

彼の事例は教訓を示しています。

一つには、人生に対する意志の重要性。
それは、すなわち自分がどうなりたいか、どうありたいかという価値観を意味します。

そしてもう一つは「相手に伝わるかに必死で~」の精神

私達は彼のあり方に学ぶ必要があるのではないでしょうか?

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  

 

人気ブログランキングへ   

にほんブログ村 対人恐怖症