こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

昨日はブリーフセラピーという心理療法の中心哲学について語りました。
以下の三つです。

1.もしうまくいっているのなら変えようとするな
2.もし一度やってうまくいったのなら、またそれをせよ
3.もしうまくいっていないのであれば、(何でもいいから)違うことをせよ

私の同僚が支援している障害者の方が、とある企業に就職していますが、会社の担当者から再三再四電話がかかってきます。

いわゆる本人の不適切行動に困っているとのこと。
複数の支援機関が関わり、助言をしていますが、なかなか改善されません。

私の同僚を含め支援機関が担当者のヘルプの求めに応じて助言をしますが、それを聞き入れないようなのです。

ちなみにその担当者は普段少年野球の指導をしているようで、体育会系バリバリの方とのことです。
何かにつけ「私は少年野球の指導をしているもので・・」と話すようで、その成功体験を理念に会社でも指導しているようなのですが、何ら改善されていないのです。

よくよく聞くと、その理念は「厳しく指導する」というものでした・・・

これなどはまさしく
「もしうまくいっていないのであれば、(何でもいいから)違うことをせよ」
が必要な場面なのにそれができていないのです。

ちなみに、この担当者は、本人のできていない所に常に焦点を当てていました。
私の所に来る悩み事相談は結構これが多いです。

「面接でいつも失敗ばかりしています・・・」
「娘は人とうまくいった試しがないんです・・・」
「全く眠れていないんです・・・」

私はこういった場合にしばしば質問します。
「本当に?全く一度も?これまでの人生で一度も?」
「ほんのちょっとでもましだった、あるいは良かったことはないですか?」

これを「例外の質問」と言います。

物事において100%ダメといったケースはほとんどないです。
どんなことでも、わずかながらの成功例や、比較的ましだった時があるのです。

その例外を掘り起こして徹底して分析してくことで、解決策や対応策が見つかっていくことが多いです。

メンタル面で大変な状況にある時は、白黒思考と呼ばれるような極端な思考になりがちです。
あがり症の方もそうです。

「人前で話す時は必ず失敗している」
「人と話している時はいつも緊張している」
「異性とまともに話せない」

そう話す方に私は聞くでしょう。
「本当に一度も?」
「ほんのちょっとでも緊張がましだったことはありませんか?」
「これまでの人生でずっと?」

そこからの会話の展開は「例外」という宝物を元に、解決志向の方向性で進めていくことになります。

(質問や相談について)
カウンセリングだとハードルが高いという方のためにメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問等ありましたら是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  

 

人気ブログランキングへ   

にほんブログ村 対人恐怖症