こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

普段、様々な方が私の元に来られます。
悩みや困っていることも、そして彼らを取り巻く人間関係も多様です。

そんな中でも、面接時にそこにある見えない空気までもがどっしりと重く感じてしまうようなケースもあります。
そんな雰囲気での面接は、そこだけ時間の流れが滞ってしまったかのようにゆっくりと進みます。

最近、私が担当する方には、たまたまなのかこういったうつ病の方のケースが増えています。
こちらの質問に対し返事が何秒か遅れて返ってくる。

時に何秒では済まず、何十秒、はたまた1分は超えているような時もあります。
クライエントの沈黙は大切なことなので、こちらもゆっくり待ちます。

こういった場合、可能性、前向き、挑戦、といったネタをこちらから提案した場合、大概、クライエントからはイエスバット(YES、BUT)で返ってきます。
(YES)理屈は分かるけど(BUT)行動はできません、といったところです。

そして再び、奈落の底に落ち込むような、あの会話のやり取りに戻っていくのです。
こういった重いケースの場合はこちらの言葉はなかなか相手に入りづらいです。

しばしの重いやり取りの後、おもむろに出します。
サバイバルクエスチョンを。

これは、大変な状況にある、あるいは大変な状況をくぐり抜けてこられた方に対して問うものです。

「どうして、あなたはこれだけの状況の中、やって来られたのでしょう?」
「あなたの何が、ここまでやってくることができたことの支えとなったのでしょう?」

重いケースであればある程、そこを生き延びてきたことに大きな価値を有します。
それがクライエントの強みになるのです。彼らは次のように答えるかもしれません。

「家族がいたから・・・」
「逃げたくなかった・・・」
「食べていかなきゃならないから・・・」

押しつぶされそうな状況にあり、自分のことなどとても構うこともできずに自己肯定感が枯渇してしまっている彼らは、自分にプラスの要素や強みがあることなど到底信じられません。

しかし、このサバイバルクエスチョンは相手の強みを如実にあぶり出す質問法です。
先述のコメントに私は次のように答えるかもしれません。

「家族があなたの支えだったのですね」
「それはあなたのプライドだったのですね」
「人に頼らず自立していく気持ちが強いんですね」

この言葉が相手のツボに入るときっと表情が変わることでしょう。

この質問は、回避性人格障害のように全てを回避してしまったような方には有効かどうかは分かりませんが、普通のあがり症の方にはきっと効くでしょう。なぜなら、あがり症の方の内面には強い自尊心と向上心が隠れているからです。

サバイバルクエスチョンはきっとそこにサーチライトを当てることでしょう。

「どうしてそれほどまでにつらい思いをしながら、ここまでやってこれたんですか?」
「あなたがそれほどの状況の中、人生のステージを下りなかったのはあなたの何が支えとなったのですか?」


(質問や相談について)
カウンセリング(メールカウンセリング・電話カウンセリング)についてはお問い合わせ等、お気軽にご相談ください。また、
何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  

 

人気ブログランキングへ   

にほんブログ村 対人恐怖症