こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

対人援助職にとってのバイブルとも言える原則があります。

バイスティックの七原則と呼ばれるものです。

以下のような内容になります。

1個別化の原則・・・ケースに同じものは一つとしてなく、似たようなケースでも全く別のものであるということ。

2意図的な感情表出の原則・・・クライエントの喜怒哀楽を表出させるようにしていくこと。

3統制された情緒的関与の原則・・・いわゆる巻き込まれを避けて、支援者は一定程度の感情を抑制して関わる必要があること。

4受容の原則・・・クライエントの行動、考え、感情を受け入れること。

5非審判的態度の原則・・・支援者が自己の価値観と合わないようなことでも、クライエントを裁くことはせず、あなたはそうなんですねという態度を維持すること。

6自己決定の原則・・・大事なことはクライエント本人が決めるということ。

7秘密保持の原則・・・クライエントの個人情報に対する守秘義務。

私は対人援助の資格を取る専門学校で初めてこの言葉を聞きました。

振り返ってみれば、私は意識してもしなくてもこの七原則に沿って対人援助の仕事をしてきたように思います。いわばこれが私の憲法と言っても差し支えないように思えます。

この中で、私が常々強く意識してきたのは6番の自己決定の原則です。

これは大事な選択は必ず本人が決めるという原則です。以外にこれが守られてないケースは多々あります。

意思表明能力の弱い方や高齢者や障害者などの社会的弱者は、どうしても親などの周囲の者や支援者が指示したり、あるいは誘導してしまうといったことがあります。

しかし、客観的に見て、いかにそれが正しいと思えるような選択でも、クライエントがそれを望んでいないときは、あまり良い結果をもたらしません。

逆に言うと、こちらがマジかよと思うような選択でも、それを本人が自分の意思で選択した場合、驚くような結果をもたらすことがあります。

だから私の対人援助の仕方は極力、本人が選択し、結果も本人に帰属するようにしています。

最近、私が支援する人はマジかよー、の選択をする人が多いです。

残業月100時間超えで、かつ残業代がつかない超ブラックな会社で勤め続ける方。

良い環境の会社に就職してまもなく、福島の除染の仕事の方がもうかるからと言って辞めてしまい、過酷な環境に飛び込む方。

交通事故で脳に障害を負ってしまい、もう元の会社に戻れるだけの能力はないにもかかわらず、他の選択肢を嫌がり会社に戻ると言ってきかない方。

私がすることは、各選択肢のメリットデメリットをきちんと伝えて、あとは自己決定の原則に従い本人に決めさせて本人に結果の責任を取らせることです。

解決は支援者が知っているのではなく本人が知っているのです。

(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。
何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 対人恐怖症