こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

日本人の5割ぐらいは何らかの不眠に悩んでいると言われています。
実際、身近な人を見ても結構いますね。

私の父親もそうですが、なかなか偏屈な人間で、眠れなくてブツブツ言いながらもきちんとした対応策を取ったりせず、しかも大の医者嫌いなので全く良くならず、周囲は辟易としています。

私も、動機付け面接法だのカウンセリング技法だのと色々学んだものの、実の親にはブーブー文句を言ったり呆れて放置したりと、対人援助者としてのあり方と全く真逆で何ら効果のなさそうな対応をしています。

理屈と感情は異なるからでしょうか、それともこれまでの関係性からか、本当に対肉親は難しいなぁと感じます。

それでこの睡眠障害ですが、その中でも本当に何らかの体質や疾患から眠ることが困難な人もいるのですが、実は不眠を訴える人には本当はある程度眠れていたり、さらに言えば気にするあまり逆に余計眠れなくなっている人もいます。

本来、睡眠は無意識にリラックスして気付かないうちに寝入るものなのですが、不眠に悩む人たちは最初は何かのきっかけで眠れなくなり、それが続くと今日も眠れないのではと意識するようになります。

すると眠る前に気構えるようになります。
「眠らなければならない」というやつです。
眠れないのでは、という不安を凝視し注目し続けることで余計に不安が増します。

本来、睡眠の深さには波があり中途覚醒するのは自然なことです。
そしてその時に当たり前に受け止めていればやがてまた眠りに入るのに、不眠症者はまた起きてしまったと不安になり逆に覚醒度が上がって寝つけなくなる。

不眠をあってはならないことと捉え、そこに意識を集中すればするほど逆に不眠になっていくのです。

これって何かと似ていませんか?

そうです。
あがり症の心理機制と全く同一のものです。
こういった思考パターンを取る人を森田正馬は神経質症的性格と呼びました。

であるとしたら対処法は同様になります。
少しぐらい眠れないことや起きてしまうことをあるがままに捉えること。
あるいは逆説療法的に眠ってはならないと指示することも有効かもしれません。

いずれにしてもこういった場合はブリーフセラピーという心理療法の理念が役に立ちます。
「上手くいっていないのなら何か別のことをせよ」

当たり前のようにも思えるシンプルな言葉なのですが、実はこれができずに同じことを繰り返して悩んでいる私の父親のような人が、世の中にはたくさんいるのです。

(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。
何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/   

人気ブログランキングへ     

にほんブログ村 対人恐怖症