こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

最近、認知行動療法を扱う機会が増えています。

仕事上、何らかの悩みを抱えた人に接する毎日なのですが、そこで認知行動療法を使ったり、あるいは同僚が担当している方にやってくれないかという依頼が増えています。

また、間もなく職場で集団認知行動療法を定期的に実施することになっていますし、カウンセラーの知り合いから来月認知行動療法のセミナーをやってほしいという依頼がありました。

日本で認知行動療法の普及に努められてきた大野裕先生のご尽力が実ったのか、実際にその効果が認められて世間の人に周知されてきているからなのか、その辺のことは分かりませんが、自分のスキルを活かし向上していく機会が増えていくことはありがたいことだと思っています。

よく誤解されがちなのですが、認知行動療法はマイナス思考をプラス思考に変えるものではありません。
人間、そんなに簡単なものじゃありません。

ただ、極端に偏った考え方をしていると自他共に悪い影響を及ぼすことがままあります。

その典型的な例が、最近のイスラム国です。
彼らは最初は、純粋にイスラム教を信奉していた敬虔な信者だったのかもしれない。
しかし、その教義を厳密に信じ込み、それを自分に課すだけでなく周りへも求めることによって排他的な原理主義者になってしまったのでしょう。

そして時に攻撃してでもあるべき姿にせねばならないとして、実際の行動を伴わせていったに違いありません。

これが「べき思考」の最悪の例です。
「こうあるべき~」「~ねばならない」などとして自他を縛るのです。

本来、「べき思考」は決して悪いものではありません。
向上心の強い、例えばアスリートや芸術家は「かくあるべし」という理想に向けて妥協をゆるさないからこそ、人を感動させるものを生み出すのでしょう。

何も特別な人に限らず、我々庶民にとっても、「こうあるべき」というものが健全に働いて努力していくことによって、人生をより豊かなものにしていくことができるでしょう。

また、「べき思考」が弱い人は、適度にリラックスした自然体の人になるかもしれませんが、一方怠惰な怠けもののような人になってしまうかもしれません。

要するに何がいいか悪いかなんて曖昧なものです。
バランスの良い見方と多面的なものの見方ができることが、柔軟な人間形成と居心地の良い人生を生むのです。

社交不安障害の方は当然のようにこの「べき思考」が強いです。
それによって苦しんでいる人が一体どれぐらいいることでしょう。

正式な調査データはありませんが、日本には約300~1700万人ぐらいの社交不安障害の方がいると言われています。

それだけの方が、今よりほんのちょっとでも「べき思考」を緩めることができたらどんなにか生きやすくなり、日本の生産性や活力があがっていくことでしょう。そこにほんの少しでも貢献できたらいいなぁと思います。

(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。
何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/   

人気ブログランキングへ     

にほんブログ村 対人恐怖症