こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

 
今日は私が所属する電話相談員研修の講師役を務めてきました。
これは毎月行われるもので、所属する相談員がそれぞれのテーマ毎に講師役を務めるのです。

私の今回の研修内容は、以前に参加した自殺対策研修の研修報告となりました。
これは国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦先生が講師を務められたもので、内容は「処方薬乱用と過量服薬の理解と対応」というものでした。

松本先生は、依存症や危険ドラッグの分野の第一人者の方で、今や講演・セミナー等に引っ張りだこの状況です。超専門的な内容を素人でも分かりやすくスピーディに、しかもお笑い芸人並みの話術でグイグイ引っ張っていくため、あっという間に時間が過ぎていく印象です。

それで、今回の講師役ですが、こういった場合にはあがり症の人は予期不安が起こり、あの独特のモヤモヤした真綿で心臓をギューッと締められるような気持ちを味わうことになるはずなのですが、今回はそれがほとんどありませんでした。

もちろん、私はあがり症回復者とはいえ、普通に人並み以上に緊張します。
なので最初は油の切れた機械のようにギシギシ言わせながら、しかも日本語的にも若干違和感があるような話し方で始まりました。あとの時間の長さが気の遠くなるような長さに感じ、声が今にも震えそうです。
例のヤバいという思いが湧き上がります。

やがて5分ぐらい経った頃でしょうか、私があがることを忘れるのは言葉に感情の抑揚がついてくる時なのですが、それが始まりました。

聴衆に語りかけるように話し始めた時からマイワールドに入っていき、結構専門的な内容をペラペラと喋ることができました。

今日話した内容は依存症や自傷行為などについてですが、それぞれがナカナカ興味深い内容なので、ブログで何回かに分けて書くこともできますが、このブログのテーマが「あがり症を語る」なので要点を箇条書きで書きます。

もし、要望があれば明日以降詳しく書こうと思います。内容は以下になります。

・乱用薬物はかつては覚せい剤とシンナーがメインだったのが、最近は危険ドラッグと睡眠薬や抗不安薬などの処方薬の割合が増えている。

・処方薬に依存するのは「快感」を求めるのではなく「苦痛」を取り除きたいから。

・処方薬依存患者の薬物入手ルートは裏の世界ではなく、当然ではあるが表の精神科医師からである。

・過量服薬(OD)は致死性は低いが、それによる酩酊時に衝動行動からの自死や嘔吐による窒息死といったケースがあるので安易に見過ごしてはならない。

・精神科診療では「フライング処方」と言って、見立ての誤りから適切な処方が行われないことがある。

・また、即効性の高いベンゾジアゼピン系の薬を安易に処方しがちである。(ベンゾジアゼピン系とは、睡眠薬や抗不安薬など依存性が高いもの)

・その中でもデパス(エチゾラム)は頭痛や腰痛などにも効き、独特の飲み心地から薬物依存症者に熱烈なファンが多くもっとも止めづらい薬物である。

・ベゲタミンは禁忌。

・本来、薬剤師は医師の処方が疑わしければ疑義照会と言って問い合わせることができるのだがそれが機能していない。医師御用達の門前薬局では、医師の顔色を伺ってしまうため特にそれができない。

・過量服薬(OD)によって救急搬送される人が増えており、救急医はそれを処方する精神科医に対して烈火のごとく怒っている。

・死んではいけないと言うのは死にたいほどの思いを抱えている当事者には響かない。安易な言葉。

・自殺を決意した当事者は援助者に意図を伝えない人が多い。

・処方薬依存者には、自傷、過量服薬、過食、拒食、暴力などの衝動行為の存在が見られる。

・また、虐待や親がアルコール依存症でDVだったといった困難な生活歴を有している人も少なくない。

・リストカットや過量服薬(OD)は耐えがたいような感情のモヤモヤを解決しようという自己コントロール行為。

・処方薬乱用・依存症者は、他者に対する不信感を持ち人に援助を求めることをしないことが多い。

・精神科医は疲弊している。3分診療などと呼ばれるぐらいの診療はそれだけ多くの診察をせねばならないということであり、お昼ごはんも食べずに夜までやっている医師もいる。

・そういった状況においてはじっくり話を聞くのではなく、薬物を処方して即効的結果を求めてしまうこともままある。

・それは、医師が薬物療法依存にかかっているとも言える。

以上になります。
私は医師でも薬剤師でもありませんので処方薬については専門性を有していません。あくまでセミナーを受講した研修報告である事をご了承ください。

(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。

何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/  
 

人気ブログランキングへ    

にほんブログ村 対人恐怖症