こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

認知行動療法という精神療法があります。
以前に詳しくこのブログで書きましたが、この療法は、実際に効果があるという実証的データがあり、精神科医がこの療法を行うと診療報酬が得れらるのでどんどん普及しています。

出来事があった時にどんな思考をするかによって人の気持ちは大きく変わってしまいます。ですから、その思考の仕方次第では自分を苦しめてしまうことがあります。そこで、極端にマイナスでもなく極端にポジティブでもない、健全な思考を持ちましょうというのが認知行動療法なんですね。

それで、私の職場で来月か再来月からかで、この認知行動療法を集団向けに、つまり集団認知行動療法として始めていくことになりました。そして、本来は連続講座なのですが練習的な意味も込めて、今日、単発でそれを行いました。

そこで、出席者のAさんの例をピックアップして七つのコラム法と呼ばれるワークをしました。

Aさんは、つい最近ある就職先が決まっていたのですが、その出勤初日の前日に急遽この話はなかったことにしてほしいとの連絡を受け、しかも特段の説明もなかったことにショックを受けていました。

普段は優しく癒し系なAさんが、怒りのレベルが100%だったと言うぐらいかなり酷な出来事でした。
Aさんはその時の思考としては納得できないというものが一番強かったようです。

そりゃそうですよね。そんな事態、誰しもが納得できないです。
そこで出席者の皆さんに意見を聞きました。

こんな状況になったAさんに皆さんならどんなアドバイスや声をかけてあげますか?と。

すると、いや~出るわ出るわ。

「そんな会社かえって入らなくて良かった。」
「こっちから願い下げだ。」
「きっとあなたに合った別の会社が見つかります。」
「入る前に分かってむしろ良かった、入った後でトラブルになったらもっと大変だった。」
「ひょっとしたら、これだけのことをするほどの何らかの事情が会社にもあったのかもね。」
・・・etc

ここで大事なことの一つは様々な視点があがることです。
大きなストレスを感じるような状況では、ものの見方がある一面からしか見られなくなり、どうしても偏りがちになります。そういった時に様々な視点からものを見ることで、偏りが和らぎ、それが自分の気もちをも緩めていくのです。

そしてもう一つの大事なことは、というより一番大事なことは出席者からのアドバイスです。
支援者側が一段高い所であぁだこうだと言うより、同じような悩みを持った仲間のコメントは百倍入りやすいんですね。

この時のAさんも、みんなからの色んなアドバイスを聞いていくうちに次第に表情が和らいでいきました。
これがグループワークの強みです。
いや~、私なんかがペラペラ喋るよりよっぽどいいです。

そして、最後に肝の質問をします。
ここまでやってみて、最初に話した怒りという感情が100%だったわけですが、今現在の怒りの感情は何パーセントになりましたか?と。

Aさんは答えました。
「20パーセントです」

私は大仰に答えます。
「そんなに下がったんですか?!」

内心、やったーという気持ちです。
Aさんは満足げにお帰りになりました。それを見るこちらも満足です。
ここまでいつもうまくいくとは限らないでしょうが、集団認知行動療法を早くやっていきたい気持ちに駆られる一日でした。


(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。

何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/  

人気ブログランキングへ   

にほんブログ村 対人恐怖症