こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

 
十界互具という言葉があります。
これは、人間には全てのものが本来備わっているという仏教の考えです。

十界とは、地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人界・天界・声聞界・縁覚界・菩薩界・仏界をさします。

鬼の目に涙と言います。

残虐な殺人を科した死刑囚が牢獄で改竣して優れた詩を残した人もいます。

日頃穏やかで誠実な人が、時に非情な振る舞いを見せることがあります。

ナチス、イスラム国、北朝鮮といった、そこに暮らす人民が相互に監視し厳罰が付随しているような状況では、肉親でさえ裏切ります。

人間は様々な顔を持ち、時に応じてそれを出すのです。いわば完全なる善人もいなければ完全なる悪人もいないのです。

話が飛躍しました。

あがり症の方は、内気で気弱な人のように見えるかもしれません。

しかし、それは大きな誤りです。
その内面には負けず嫌いで、強い自尊心や
高い向上心を抱えている人が多くいます。

単なる内気な人ももちろん、あがることはあるでしょう。しかし、内気な人はそれに長く囚われることはありません。

例えば人前に立つ時、その時緊張し、その時がっかりし、その時自分に失望します。そして内気な自分をあきらめと共に受け入れます。

しかし、あがり症の方はその高い意識にゆえに、あがるという事実を受け入れられず、なんとかしようと必死にもがきます。

それ故、人前に立つ時、その前から恐怖におののき、本番で極度に緊張し、終わってからはそのシーンを何度も何度も巻き戻し、再生して自分のダメ出しを繰り返すのです。

つまり、その時だけの恐怖と失望なのではなく、過去、現在、未来に渡る恐怖と失望なのです。

あがり症の方は、高い理想と向上心を内面に持っているからこそ、あがり症になったとも言えます。

その実証は回復者のありようです。
あがり症の回復者は大いなる向上心を持って世に貢献している人が数知れずいます。

それは、あがり症の方の持つ素質からして当然のこととも言えるかもしれません。

私はあがり症の方に言いたい。

いかなる苦境、いかなる絶望的状況にあっても人を支えるもの、それは希望です。

例え今は苦しみの底にあり、例え先行きが見えなく、例え絶望的な状況であろうとも、あなたの内面に十界互具としていかに優れたものを持っているかということを。

そしてそれこそがあなたの希望だということを。

(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。
何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 対人恐怖症