こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

人がその人生において勇気を必要とする場面は、何度となく訪れるでしょう。
時に立ち向かい、また、時にその場面から逃げ出すこともあるでしょう。

これまで私は、そういった場面で支えになるものは人とのつながりであり、またアドラー心理学でいう所の共同体感覚であろうと伝えてきました。

今日はもう一つ追加します。
それは価値観です。

アブラハム・マズローは人間の欲求には五段階があると唱えました。
それがマズローの欲求五段階説として広く知られています。
それは以下のようなものです。

まず第一段階として生理的欲求。
これは食欲、睡眠欲などの生きていくための基本的欲求を示しています。

第二段階は安全欲求。
これは危険を回避したい。例えば雨風をしのぎたい、外敵から身を守りたいなど。
あるいは健康、経済的欲求などです。

第三段階として社会的欲求(所属と愛の欲求)です。
これは会社、家族、国家等の集団への所属欲求、また仲間を求めることなどです。

第四段階として尊厳欲求(承認欲求)。
これは他者から認められたい、尊敬されたいといったものです。

最後に第五段階として自己実現欲求です。
これは自分の能力と可能性を最大限に発揮したいという欲求です。

さらにマズローは晩年、自己実現欲求にもう一つ上の欲求があるとしました。
それは自己超越欲求です。
それは、自己のためだけではなく、他者のために役立ちたいといったものです。

人ぞれぞれ、これら五段階の各段階の欲求があるでしょう。強弱もあれば欠けている所もあるかもしれません。

ただ、こういった各段階の欲求でより高次のものがあるかどうかが、さらに言えば高次の欲求すなわち価値観があるかどうかが、ここぞという勇気が必要な時に踏ん張れるかどうかの分かれ目となるのではないでしょうか?

それはあがり症の人にとっては、回避するかどうかの大きな境目となるのです。


(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。

何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/  

人気ブログランキングへ   

にほんブログ村 対人恐怖症