こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。


ブリーフセラピーという心理療法で使われるテク二ックでスケーリングクエスチョンと呼ばれるものがあります。
これは、ある状態を数値化する質問のことを言います。

例えば、今の気分は0~10の間でどのぐらいですか?
この時の怒り具合は0~100パーセントで言うなら何パーセントぐらいですか?
といったものです。

仮に、今の時点での仕事の満足度を聞いたとしましょう。
すると70%と答えたとします。

そこで聞きます。
もし、この70パーセントが80になった時どうなっているでしょう?

相手はここで考えます。う~ん、そうですねぇ、といったように間を置きます。
そして次のように答えたとしましょう。

①もっと活動の幅を広げていくべきでしょうね。
②上司が自分の仕事を認めてくれるといいですね。
③クライエントの笑顔が増えますね。

今後実現する可能性があるのは①~③のうちどれでしょうか?

答えは③です。
私達が未来を想像するうえで、こうあるべき~、こうなってたらいいな、こうなってる、という三つの水準があります。

上記の例で言うと
①は「~広げていくべき」という義務
②は「~認めてくれるといい」という願望
③は「~増えます」という必然
になります。

「~べき」という義務の場合、その後ろには「でも」という言葉が続きがちです。「でも、なかなか時間がなくて~」といったように。

また、「~だといい」という願望は義務よりも一段上の段階ですが、それでも同様に「でも」が続きがちです。「でも、実際難しいんだよね」と。

そして最後の「~ます」という必然に対しては「でも」はつきません。当然こうなっているということを意味するからです。この必然を未来イメージで想起できた時が最も実現可能性が高いのです。

そしてスケーリングクエスチョンによって必然の未来の答えを引き出せたときには、その時の状態を根掘り葉掘り聞いていきます。

「その時何が違ってますか?」
「相手はどんな反応をしますか?」
「あなたは何と話しますか?」

こうやって必然の未来を展開していきます。
なぜならば、イメージできたことは実現しやすいからです。

スポーツのイメージトレーニングもそうでしょう。
イメージできない体の動きは実際にできないんですね。

つまり未来のことを映像のようにリアルで五感で感じられるぐらい事細かくイメージできるようにカウンセラー側は質問していく必要があるのです。

そしてそのことによりクライエントに解決のイメージを構築してもらい実現へとつなげていくのです。

人前で話す機会が近いあがり症の方に聞きます。

「あなたが本番に臨んで緊張している時、10%あがり具合が楽になったとします」
「その時に何が違っているでしょう?」
「あなたの気持ちは?体は?」
「何が変わってますか?」
「すると聞き手はどう違っていますか?」


(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。

何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/  

人気ブログランキングへ   

にほんブログ村 対人恐怖症

対人恐怖症ブログランキング参加用リンク一覧