こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

今日はブログを初めて100回記念です。
おかげ様でなんとか毎日欠かさず続けてこれましたが、これからも継続していきたいと思います。

SSTと呼ばれる認知行動療法のグループワークがあります。
これは生活技能訓練とも言い、会話などのコミュニケーションの訓練を安全で守られた環境で行うものです。

コミュニケーションが苦手な方は実践の場以外で、なかなか練習したり相談する機会がありません。
ですからこういった場で練習を積むことで実践に活かしていくのです。

私の職場では月1回のペースでやっています。
参加者の方々に最近気になってること困ってることは何かなどと聞くと、大体似たようなテーマがあがります。

それは職場での挨拶の仕方やタイミング、間合いなどであったり、同僚や上司への声のかけ方、会話の仕方、あるいは家族友人でのコミュニケーションの悩みなどです。

前回のSSTの際も同じように会話することのネタが出て、実際に参加者にロールプレイで話し手役と聞き役をやってもらいました。

そこである聞き役の方がぎこちないながらも熱心にその役割を演じていたので、私はそこを拾って聞くことの大切さを次のように話していきました。

これまで会話することの工夫で、天気ネタや時事ネタ等、発信する側での視点ばかり話してきましたが実はもっと大切なことがあります。

それは受け手側の視点・・・つまり聞き方です。
「きく」という言葉には3種類の漢字があてはまります。
何でしょう?

それは「聞く」、もう一つは「訊く」、そしてもう一つは?
それは「聴く」です。

その中でも、きき方で最も大切なことは「聴く」です。
「聴」という漢字は分解すると「十の耳と目と心」で聴く、となります。
それは自分の全神経を集中して聞くということを意味します。

今、Aさんがやってくださったきき方は、まさにこの「聴く」なのです。
だからこそ相手役の方はあれほど話が進んだのではないでしょうか?

皆さん、口下手で悩んでいるかもしれません。
しかし、口下手を変える必要はありません。

口下手は裏を返せば聞き上手を意味します。
今、Aさんはどれだけ喋りましたでしょうか?

ほとんど喋っていないですよね?
うなづいたり、うんうん言ったり、少し質問したり、そんなとこですよね?
それでも会話がうまくいっていましたよね?

ですから口下手を変えずして、聴き方が上手くなることで会話が上手になっていくのです。
では聴き方のコツをこれから説明していきます。

それは、共感、うなづき、オウム返し、オープンクエスチョン・・・

あがり症の方は消極的自己中の方が多いです。
消極的自己中とは、積極的に人に対して害を与えることはないが、自分のことばかり考えていることを意味します。

会話する時自分がどう見られているか、どう思われたか、そんなことばかり気にして、肝心の相手の話をまともに聞いていないなんてことが良くあります。

アルフレッド・アドラーは言います。
「共感」とは、相手の目で見、相手の耳で聞き、相手の心で感じることである。

あがり症の方が会話する際、自分への囚われはあっても一旦脇に置いておいて、相手の目で見、相手の耳で聞き、相手の心で感じることができたその時、あがることを忘れる瞬間があったことにきっと気付くことでしょう。

(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。

何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/  

人気ブログランキングへ   

にほんブログ村 対人恐怖症