こんにちは。

 

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

 

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、克服者、治療者 という全ての体験を経た勇気づけカウンセラーが、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

 

 

 

 

 

昨日は認知行動療法のアサーションについて語りました。
今日は一連の認知行動療法シリーズの最終回でSSTについて語ります。

SSTとは生活技能訓練(ocial kills raining)の略です。
これは1970年代にアメリカのリバーマンによって体系化されたものです。

当初は統合失調症など精神科領域の患者向けのコミュニケーションスキルアップを目的にグループワークが開催されましたが、現在はその対象はソーシャルスキルの不足により社会生活に支障をきたしている人全般に適応が広がっています。

ひきこもり、ニート等の社会経験の乏しい方、あるいは社交不安障害という名前の通り、社交面で不安を抱えている人にはうってつけではないかと思います。

具体的なグループワークの進め方ですが、まず参加者の実際の社会生活での人間関係の悩み等を聞いていきます。そして実際の場面をロ―ルプレイして、みんなでフィードバックし、さらに良くなる点を聞き出し再ロールプレイをやります。といったものが大まかな流れです。

SSTにはルールがあり、批判禁止、人の良い所を見つける、イヤな時はパスあり、などといったもので、プライバシーが守られた安全な環境で、それぞれ共通するような人間関係の悩みの解決策を探っていきます。

具体的には、例えば挨拶のタイミングが分からない。
あるいは、上司に質問したいが忙しそうで声をかけづらい。
友達が何人かで話している輪に入りたいが、どうすれば良いか分からない。
会社などへの電話の仕方が分からない。

こういった課題に対し参加者の意見を元にして、新たな行動パターンを実際に試し、成功し、獲得することで、自信を高めていくのです。それは社会生活の向上のみならず精神的にも安心をもたらします。

まさに認知行動療法の中の行動療法に該当し、行動を通して心理的変化をもたらしていくのです。

(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。
何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

 

http://www.with-prem.com/  

人気ブログランキングへ   

にほんブログ村 対人恐怖症

対人恐怖症ブログランキング参加用リンク一覧