こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、克服者、治療者 という全ての体験を経た勇気づけカウンセラーが、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

以前にいた施設でのことです。
統合失調症などを持ちながらも就労を目指している方がいました。仮にAさんとします。

Aさんの状態は非常に不安定で、外見を見ても体は前傾姿勢で肩を落とし、足は引きずるようにして歩いていました。話す言葉もろれつが回らず意味も分かりづらいのです。

とてもその段階では就労は見込めず、まずは安定した通所を目指しましょうといった状態でした。
時折、二人きりになった時に漏らす話は、これまでの経緯や心の内面のさらに濃い話ばかりで、開けたら何が出てくるか分からないパンドラの箱を抱えているかのようでした。

そしてある日、Aさんが私に訴えるように言いました。
主治医の先生が厳しいんです、と。

Aさんは人の悪口を言うようなタイプの人ではなかったので、どうしたものかと話を聞きました。
「些細なことで怒られるし、あなたの言っていることが理解できないなどと言われるんです。就労は無理だと言われました。他の患者に対してもかなり厳しいこと言ってます」、と。

詳しく聞いても確かに、そこ怒るポイント?みたいな話がいろいろ出てきました。
う~ん、どうしたものかなぁと思っているとAさんは言いました。
「佐藤さん、どう思います?」

この言葉は私が抑えていた思いを誘発しました。

というのも、私はかねてからAさんの主治医と、その処方する服薬量に疑念を抱いてきました。客観的に見てもかなりの多量多剤の服薬量であり、本人が体調のことなどを主治医に言うとじゃぁ増やしましょうかといった調子で薬の量が増えていく。私は、Aさんが飲んでいる薬の量は相当な量である事を伝えてはいましたが、減薬は主治医との関係からなかなか難しいようでした。

そして薬が増えてもAさんの調子は何ら良くならず、むしろまぶたを重そうにしてつらそうにしているのです。私は、体調が悪いのは単に統合失調症などの陰性症状などによるものではなく、多剤多量の服薬量によるものではないかと思っていました。

私は意を決して言いました。
一つは、詳しい状況は分からないがAさんの言うことが本当なら〇〇先生の言動はなかなかのものだと思う、ということ。そしてもう一つは、それだけ怖い先生で嫌な思いをして、しかも減薬が難しいというなら主治医を変えるという選択肢もあるということ。

私は医療の専門家ではなくあくまで素人であり、医療の専門家が下した判断、対応に家族でもないものが口を挟むことはなかなか恐れ多いものですが、あくまで私の考えということで伝えました。

Aさんは言いました。
「先生を変えたいです」。

ふんふん、そうそう。私は内心そう思いながら肯きます。

Aさんは続けて言います。
「けど、言う勇気がありません。言ったら何を言われるか・・・」

まぁ、たしかにそりゃそうだよねぇ。私は内心思います。

Aさんが顔を上げて言いました。
「佐藤さん、一緒に付いてきてもらえませんか?」

あちゃぁ~、そうきましたか・・・
行きがかり上、私には行くしか選択肢は残されていませんでした。

(明日に続く)

(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。

何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/  

人気ブログランキングへ   

にほんブログ村 対人恐怖症

対人恐怖症ブログランキング参加用リンク一覧