こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、克服者、治療者 という全ての体験を経た勇気づけカウンセラーが、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

昨日、ハンセン病回復者の講演会を聞いてきました。

ハンセン病とは古くは日本書紀や聖書にも記載されている病気でかつては、らい病と呼ばれていました。

非常に感染力の弱い病気なのですが、身体や顔が変形していく病気のため非常に怖れられ、特効薬であるプロミンが1943年に開発、普及するまでは、患者の方々は人里離れた場所に隔離される生活を余儀なくされました。

また、子供を生めないよう断種され、彼ら彼女らには人権や尊厳などなかったと言っても過言ではないかと思います。

彼らに深く関わった文筆家であり精神科医の神谷美恵子はそのあまりの悲惨さと不条理さに言いました。

「なぜ私たちではなくあなた方が・・・」

また、患者が出た家庭はそれだけで強烈な差別を受け、兄弟姉妹等は結婚も破談になり、仮に結婚するにしても身内の秘密として隠さなければできないほどのものでした。家族にハンセン病者がいるというだけで結婚、就職、集団生活が成り立たないほどだったのです。

現在は完全に治癒する病気のため、日本にいるハンセン病回復者の平均年齢は80歳を越えます。

この日講演された方も齢80を越えるご高齢の方で、患者自治会の会長やハンセン病記念館の語り部等の経歴のある方でした。

手や顔が変形しヨロヨロと登壇したその方が第一声を発しました。

私は、あぁ、と思いました。

しゃがれたダミ声でしかもモゴモゴして聞き取りづらいその方の声は、何かが違いました。

私は、講演の終わりの方で気づきました。その声の張り、抑揚、哀愁、全てが詰まっているかのようなその方の声は、人生を賭けて闘い、叫んできた方のそれだということに。

想像を絶するような差別を受け、苦しみ、国や制度、差別等、様々なものと闘ってきたその方の声は、心と声が完全なまでに一致していたのです。

一致しているからこそ人の心に響くのです。

私は、かつて自分のあがり症を、断じて隠し否定して生きてきました。それは自分の感情を一切表に出さないようにすることにつながりました。

発する声に、抑え込むがゆえの震えはあっても感情の抑揚はありません。人の心になど届きません。

最近強く思うのですが、あがり症は否定の病です。
緊張することなどあってはならない。声が震えてはならない。人に気づかれてはならない。こんな自分は受け入れられない。

自分を徹底的に抑えつけた声など、決して心と一致することはありません。

もっとも怖れていることを受け入れた時、あがっているということを認めた時、自分があがり症であると伝えた時、その時から逆説的にあがることから解放されていき、あがり症者の声は人の心に伝わっていくのです。

(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。

何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/  

人気ブログランキングへ   

にほんブログ村 対人恐怖症

対人恐怖症ブログランキング参加用リンク一覧