こんにちは。

 

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤です。

 

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、克服者、治療者 という全ての体験を経た勇気づけカウンセラーが、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

 

 


今日はカウンセラーのための勉強会の講師役を務めてきました。
内容の方は詳しくは明日書きますが、予定通り緊張しました。

特に私の場合は予期不安が強いタイプなので、始まるまでと始まった直後に一番の緊張のピークがきます。
しかし、今日の緊張は一般人とさほど変わりなかったのではないかと思います。
あがり症の緊張というものは本来半端ないんですけどね。

今日、私が意識していたのは緊張してもいいんだということです。
そして終わってみて感じたことは、緊張はそれを否定せずそのままに受け入れればやがて波が収まっていくということの再確認です。

緊張してはいけないと思った時は逆に緊張が強まり、緊張していいと思った時は逆に緊張が弱くなる。
いつも思うのですが、あがり症へのアプローチは一筋縄ではいかなくて、パラドックス、いわゆる逆説的対応がカギを握るような気がするのです。

そして今日は、伝えたいことを話している時、言いたいことを行っている時、最もあがることを忘れていました。
やはり自分の思いを伝えようとしている時こそが一番スイッチ入るなぁと感じるのです。

皆さんからも好評をいただき、ありがたいことでした。
私はいずれ、あがり症の方々のためのワークショップを開催しようと思っています。
そこで参加者の方々のお役にたてるよう、今後も講師役としてのスキルを高めていきたいと思っています。

もう、生涯修行ですね。

明日は今日の講座の内容を抜粋してお伝えします。

 

 

 


(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。
何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

 

http://www.with-prem.com/

 


人気ブログランキングへ   

にほんブログ村 対人恐怖症

対人恐怖症ブログランキング参加用リンク一覧