以前にも書きましたが、私が以前話し方教室に通っていたとき、そこに来る生徒の方々は向上心の高い方々が非常に多かったです。

資格試験、働きながらの学校や大学、マラソン等々、皆さん色々なことにチャレンジしてました。もちろん私もそうでした。

おしなべてあがり症の方々は向上心が高いタイプの人が多いと思います。

なぜなら、向上心が高いからこそあがり症になったとも言えるからです。
理想と異なる現状を妥協して受け入れることできないんですね。
向上心がなかったら、あるいは低かったらあがり症になってなかったという人は数多くいると思います。

あがり症の方は、たった一点の曇りが気になります。
そしてその曇りを打ち消すために自分の全能力を集中させますが、それは決して叶うことのない望みなのです。

ということは、そこに注ぎ込んだ膨大なエネルギーを違う方向に向かせることができれば?と考えることは不思議ではないでしょう。

そしてその通り、あがり症の克服者は社会で活躍されている方が非常に多いです。
尋常ならぬエネルギーを健全な方向に向かせれば、確かに何事かをなしても不思議ではありませんよね。

では、健全な方向に向かせるにはどうすれば良いか?

それは一言、目的本意に生きることです。

自分がどう生きたいか、どうありたいかの目的や目標を明確に持つこと。
そもそもこのままの人生で良いのでしょうか?

そして、例え緊張することはあってもその目的に沿って行動すること。

これまで、あがらないようにとやってきたことを、あがっても今、ここでなすべきことに集中させること。シンプルに言えばこれが全てです。

全てのものは変化します。
人も同様です。
今と同じ自分が一生続くことはありません。

あなたは自分の人生の主体者です。
自らの意志で変わることができるのです。

自ら助くるものは自ら助く。
2015年1月1日、意志を持って自分の人生を変える一歩を踏み出してみませんか?