「他人と過去は変えられない、変えられるのは自分と未来」(エリック・バーン)

 

文明社会は、合理性や効率の追求により進化発展してきましたが、一方、人間の「こころ」は、時に非合理的かつ非生産的なことを古来から繰り返してきました。

 

特に、自分自身が困難の渦中にいる時、それに陥りやすくなります。

 

「あの人さえいなければ・・・」

「あいつのせいで・・・」

「上司が・・・」

 

ここには自分の視点がありません。

 

あるいは、

「また、やってしまった、俺はダメなやつだ・・・」

「あんなことさえなければ・・・」

「もっと勉強してたら・・・」

 

ここには未来の視点がありません。

 

 

 

これらは誰しもが陥りがちな思考ですが、もし、これらの視点に立ち行動し続けた時、成長は止まってしまうでしょう。

 

なぜなら他人と過去という変えられないものを変えようとしているからです。

 

変えるべきものは他人ではなく、まず自分であり、過去ではなく未来、すなわち今ここでの行動です。

 

あがり症の方も同様です。

他人にどう思われたかばかりを考え、人前で失敗した過去ばかり振り返ることで、未来に向けての今ここでの自分の行動への意識が欠けているのです。

 

今ここでの行動とは何か?

それは、あがろうがあがるまいが、今ここでなすべきことをやるだけなのです。

 

文章を読み上げるのならば、緊張しようがしまいが一語一語しっかり読み上げる。

 

お客様に商品の説明をしなければならないのなら、あがろうがなんだろうが理解してくれるようしっかり説明する。

 

スピーチをしなければならないのなら、たとえ声が震えてしまっても相手に伝わったかどうか、そこに意識を集中する。

 

今、ここでのあなたのなすべき目的は何なのか?

その目的に集中できた時、あがり症が治るのではなく、あがり症を忘れられる瞬間があったことに気づくでしょう。