私は17歳のころにあがり症を発症し、以後約20年ぐらいかけて克服の道をたどってきました。

 

転機となったのは、30歳のころに行った山形県の心療内科の医師から森田療法のことを紹介されたことでした。

私はその日すぐに山形市内の本屋に行き、森田療法の本を買いました。

 

強烈なまでの衝撃を受けました。

そこには、まるで私のことを全て知っているかのように私のことが書かれていました。

 

私がその本の強烈な読後感から選んだ私の道は恐怖突入、ただそれだけでした。

 

それまでの自分は、あがるような場面では不安に襲われ恐怖におののきながら、行動は回避と計らいごとという臆病な選択をしてきました。

そして、結果失敗して自信喪失と失望を繰り返してきました。

一番ダメパターンですね。

 

そして、それからは、不安に襲われ恐怖におののくことは全く変わらないのですが、行動を変えました。

恐れおののく自分の首根っこをつかんで恐怖場面に直面させたのです。

 

これが森田療法の創始者、森田正馬が言う「感情は意志の自由にならないが行動は意志の自由になる」です。

 

人はいかなる事が起ころうとも、起こった出来事に対する自分のあり方は自分で決められるのです。

 

こうして私は何度も何度も、何度も何度も、恐怖突入することで、まるで薄皮を重ねるようにして、ふと気付いたらかつての自分とは違う自分がそこにいました。

これが私の回復の道でした。

 

最も荒療治と言えるかもしれません。

行動療法ではフラッディングと言います。

 

今、私は人により様々な回復の道が回復があることを知っていますので、もっと入りやすい選択肢をクライエントの方に提案するかもしれません。

仮にこのやり方を勧める場合はクライエントの方の動機付けを高め、その意志を念入りに問うでしょう。

 

ただ、今日このブログでお伝えしたいことは次の言葉に集約されます。

アウシュビッツから奇跡的に生き延びた精神科医のヴィクトール・フランクルの言葉です。

 

「あらゆるものを奪われた人間に残されたたった一つのもの、それは与えられた運命に対して自分の態度を選ぶ自由、自分のあり方を決める自由である」

 

 

あなたはこのままの人生で良いのですか?

あなたはどうありたいのですか?

どう生きたいのですか?