ビートルズのLet It Be

今年はアナと雪の女王の「ありのままで」が流行りましたね。

 

昔から「あるがままに」とか、「ありのままの自分で」などと良く言われますが、なんだかぼんやりとしてつかめない、あるいはそうは言うけどそう簡単にはいかないよなぁというのが実状ではないでしょうか。

 

実際、あがり症の方々はその対極にいます。

何故なら、あがっている自分を「あるがままに」受け入れられず断固として全否定するし、あるいはあがっている「ありのままの自分」を決して人には悟られないように振る舞おうとするからです。

 

果たしてこれが本人の望む生き方なのでしょうか?

決してそんなことはないはずです。

 

あなたはどういう生き方をしたいのですか?

あなたの望むものは何?

あなたはどうなりたいのですか?

 

本来、話すこと、伝えることは手段にすぎません。

人が生きていく上で人と話すこと、人に伝えることは必要不可欠であり、それを通して自分の人生を築いていくのです。

話すという手段を使って生きるという目的を果たしていくのです。

 

ところがあがり症の方は、あがらずに喋ろう、緊張していることがばれずに話そうとして本来手段にすぎないことが目的そのものになっているのです。

 

これを手段の目的化と言います。

 

では、どうすれば良いか?

 

まず最初に断言しておきますが、緊張や恐怖、不安といったものをなくそうということは不可能です。

本来、それは人に備わった危険を察知する能力として当然に持っているものだからです。

あがり症の方はそれが人より過剰になっているだけなのです。

 

ただ、緊張することを忘れることはできます。

その鍵が「あるがまま」という姿勢にあるのです。

 

不安や緊張を否定し排除しようとするのではなく、不安や緊張はそのままに、その場の目的である「人に伝える」ということに集中することができた時、いつの間にか感情の波は緩やかに収まっていくのです。

 

これが「あるがまま」の姿勢です。

 

これが積み重なっていった時、あがり症が治るのではなくあがり症を忘れることができるのです。

これがあがり症の克服像です。

 

あがらずに喋る、緊張することがばれずに喋る、それがあなたの本来の目的ですか?

 

あなたはどういう生き方をしたいのですか?

あなたの望むものは何?

あなたはどうなりたいのですか?